今日は一泊だけラルナカへ移動。
マルの泊まっていたアパートにいたぬこ彼と手袋猫の彼女が可愛かった〜。
IMG_2532

昨晩は最後の晩餐だったので、餌をたくさん猫たちにふるまって、10匹くらいに囲まれて猫パーティでした。いやあ幸せー
でもその後、ノミにやられて足が痒くて大変だったけどね(´Д`;)

パフォスからラルナカへは、ハーバーのバス停出発612/613のバスでパフォス空港へ向かい、ラルナカ空港行き乗り換えます。
パフォス空港からラルナカ空港行きバスは、曜日によって出発時間がかなり異なるため、必ず時刻をチェックしてからパフォス空港へ移動して下さい。
IMG_2533
これがパフォス国際空港。ギリシャしか行かないけどね。
ちなみにキプロスは国内線はありません。

ラルナカ空港行きのチケットは、時間が近くなると黄色いベストを着た係員が売ってくれます。
一人15ユーロです。
IMG_2534

10:30パフォス空港行きに乗り、11:00にパフォス空港に到着。
その後12:00のバスでラルナカ空港へ…という完璧なスケジュールの
はずでした。

ひどい…バスの運転手にきちんと2度も確認したのに…
こいつ適当に答えやがって、マルはニコシア行きに乗ってしまいました…orz
なので車窓はニコシアまでの風景。
IMG_2536

google mapが、ニコシアで止まったので、ひどいバグだなと思っていたんですが、どう見てもおかしいと思い、乗客に訊いたらニコシアでしたorz

これがもし本日、日本へ出発でしたら完璧アウトでしたヽ(#`Д´)ノ 
以前、バヌアツからフィジーに乗り継いで帰ろうとしたら、なんとバヌアツ〜フィジー間の飛行機が欠航になってしまい、日本に戻れなかったことがあります。
だからマルは絶対に前日は空港の近くに泊まることにしています。
皆さんも日本への帰国便前日にはご注意を!

というわけで、前泊はラルナカでやっぱり大正解でしたー。
ちなみに文句言ったらバス代は払わなくて良いと言われました。
 
ニコシアからラルナカ空港は1時間です。
空港から市内へはバスでも行けます。1.5ユーロです。
ラルナカの空港は、北キプロスとの警備の関係で撮影出来ませんのでご注意を!
そこら中に機関銃持っている兵士がおります。

タクシーで市内は10分、15ユーロです。
帰りは海岸沿いにあるタクシー乗り場まで荷物を運ぶのなら、空港まで12ユーロです。

ラルナカ空港沿いにあるラルナカ塩湖は、冬はピンクフラミンゴが到来して美しいそうですが、今はただの湖でしたので撮影してません。
ラルナカ市内は何もないし、道がガタガタで狭く歩きにくいです。

キプロスはアラブも近いのでモスクがあります。ケバブ屋も多い。
IMG_2547

アパート近くにたまたまZARA発見w
が、カト・パフォスよりも規模が小さい。
IMG_2538

海岸沿いはハワイみたい。
IMG_2540
ゴミ箱が至る所にあり、海岸沿いは絵はがきみたいです。

金持ちのヨットだらけー。
IMG_2541

海水浴場にもなっています。
IMG_2544

ここは遠浅なので飛び込まないように!
IMG_2552
ドイツ人って、なぜかすぐに水に飛び込むんですよ。
イタリア人が馬鹿にしてたw

猫とジイちゃん。いい雰囲気。
IMG_2546

聖ラザロ教会。
IMG_2550

なんと、キリストの友人のラザロはキプロス初代主教だったんです。
彼をキリストが復活させた後、ラルナカで一生を過ごしました。
そして二度目の死後、遺体はここの地下に安置してあるとのことで、敬虔な信者が絶えません。

ロシア正教会も美しかったけれど、ここの壁一面に飾られているイコンは圧巻です!
あまりにも厳か過ぎて撮影出来ませんでした…
観光客で洗礼を受けていた人がいて、美しさに涙が出そうになりました。
真の信仰は尊いものです。 

KFCとマクドナルド発見。
マクドナルドはあまり美味しそうじゃなかったので、KFCへ。
これで7.1ユーロなので日本とあまり値段が変わりません。
IMG_2553

いよいよ明日は日本へ。
今回の2週間は長かった〜