マルには3つの夢がありました。
cb23b4e70ee2069501d8cdddb673d727_s

1つ目は、世界100カ国周遊すること。
5歳くらいの時から外国に憧れて、私は絶対に世界一周するんだと決めていました。

2つ目は、青年海外協力隊に参加すること 。
社会貢献なくして利益の還元はありません。
自分の力を通じて、世界で役立つというのは私の夢の1つでした。
マルはカリブ海の小島へ行きました。

3つ目は、自分の城を持つこと。
本当のお城ではなく、自分で会社を興したり、独立して稼ぐことです。 

これらは全て40歳前後でほぼ叶えてしまい、45歳でついに全てを叶えました。
4月に4カ国行くんですが、これで101カ国です。

そこで、 夢を叶えたい人にどうやったら叶えられるかを3つ伝授します。
別に怪しい壺売りつけたり、呪文唱えたり宗教の勧誘をするわけではありませんw

1. 夢に期限を付けて目標とする
03016eb9f42ea5275499bb30d8ef565d_s

”期限を付けて”というのがポイントです。
でないと、いつまでもズルズル先延ばしになり、じいさん、ばあさんになってしまい兼ねません。

ちなみに、この方法はイチロー選手に学びました。
『メジャーリーグは僕の夢ではなく目標です。夢は叶いませんから』
この一言で目覚めました。

目標にするには数値に落とし込むことです。
たとえば、3ヶ月後にTOEIC800点台にするとか、3月までに10kg痩せるとか。

マルは、40歳前に青年海外協力隊に参加する。40歳くらいで100カ国達成する決めていました。
なぜ、40歳かっていうと、若いうちは体力があってもお金が無いからです。
かと言って、60歳過ぎて世界一周は体力がない。しかも、詐欺師がよく寄ってくるし、窃盗や強盗などの犯罪被害に遭いやすい。
その点、アラフォーってのは、ある程度金も体力もあり旅行しやすいんですね。
しかも、日本人の40歳って、海外だとアラサーくらいに見えるのでみんな優しいしモテます

でも企業に勤務してしまうと長期の旅行はできません。
そこで、マルは自力で稼ぐために独立して食べていこうと思ったわけです。


 2. 周りの目は気にしない
75bdc83d3d710a8b8af286e326c65ff1_s

誰が20代で結婚して30代で子供2人いてそれが幸せな家族なんて決めたの?
そういう風に結婚した人で幸せそうな人見たことありますか?
自分が今、何をしたいのかが重要なんです。 

順序逆にして考えて、夢を叶えてから家族を持った方がいいんじゃないですか?

3. 自腹きってとにかく動く
9dd32add0f43d6dcf6ab62629a8c8aad_s

マルの周りに会うたびに「転職したーい」「結婚したーい」という同級生がいます。
その人その言葉を言い続けて最早25年www
人に人生を変えてもらおうと思っている人は幸せになれませんし、誰も本気に取り合ってくれません。

マルはカメラマンを目指していた時から無料で撮影させて頂いたり、(先方は無料で撮影して頂いたってことになっている)先生に手弁当で習っていました。
続けていくうちにどんどん縁がつながり、顧客が口コミで増えたんです。
元々サービス精神が旺盛だから+αで何かすると、それがウケて更に口コミが増え仕事が増えました。

自腹ってのがミソです。
最初はお金がかかっても、それは投資だと思えばいいんです。

人の夢と書いて儚い(はかない)と読みますね。
夢ははかないもんです。
でも目標は儚くありません!

夢を叶えるなら、まず数値化して目標にしましょう!

不思議と、目標を宣言した人には目標が達成できるようにことが運ぶはずです。
星や月にいくら願っても行動しなければ、目標は達成できませんよー。
お稲荷さんだって、努力しない人は助けてくれませんから。

この本良いですよ。目標を達成する過程を作りやすくする本です。




ってわけで、4月に欧州旅行へ行ってきま~す。