易とネコと神様と。

易とパワースポット、海外旅行、身近な怖い話などを交えたブログ。 マルジャーリはサンスクリット語でメス猫って意味です。

ついに100カ国目!サイプロス(キプロス)に到着!

実はブログがずれているので、4/14に到着しています。
ついにやりましたー!100カ国目です。゚ヽ(゚´Д`)ノ゚。ヤッター
IMG_2444

足掛け30年…マルは旅に人生をかけてきましたが、これで一区切りつけて、長期の海外旅行はもうしません。多分。就職するし。
ああ自由な人生だったなあ…

で、サイプロス。日本人はキプロスと呼びますが、英語名はサイプロスです。
マルのホテルに来たフランス人夫婦にサイプロスへ行く話をしたら、
「キプロスすっごくいいよ!食べ物は美味しいし、ワインも美味しい。安いし、もうこの時期は泳げるよ!」
と大絶賛でした。

マルタの隣なのに、イメージ全く違います‼️
マルタはイタリアに近いのに、キプロスは文字もギリシャ文字でギリシャに近いのです。
だから食べ物も美味しいし物価も激安!
物価はスイスの1/2くらいw

エアマルタ/エミレーツの機内食
IMG_2429
ヘルシーだったけれど、空港でKFC食べたので食べ切れませんでした💦

マルタは風が強く1時間遅れの出発でしたが、タクシーを頼んでいたので無事でした。
ラルナカ空港からパフォスへ。ラルナカからパフォスは1時間以上かかるから、普通のタクシーだと行ってくれてもこの時間からなら100ユーロって言われるな…と思っていたので、最初から予約しました。
ここです。
acropolis
87ユーロでした。

ラルナカ市内だったら、乗り合いタクシーとかもあるようです。

観光も名所もサイプロスは、パフォス周辺がメインです。 
パフォスにも空港がありますが、ギリシャ経由からしかありません。
サイプロスに5泊するので、4泊はパフォスのアパートを予約しました。
The Kato Apartment
IMG_2433

デポジット150と掃除代35は別途現金支払いです。
デポジットは、鍵の返却時に返してもらえます。
キッチンも充実しています。
IMG_2430

ベッドルームは二つです。
掛け布団が掛け布団カバーしかないので、寒がりのマルはちょっと困りました。
IMG_2431

当初、住所がメイン通りにあるから予約したのに、離れた場所にあるからおかしい!
と喧嘩腰になりましたが、オーナーがロシア人でしたorz
彼らはエアビーでもそうですが、住所が違うのが普通なんです。どうりで…( ´Д`)

一階だから虫が出る…二階なら出ないかもしれませんが、猫付きなので一階でいいやと思いました。ベランダに夜になるとくるので餌付けしてますw
ここのアパートは水道水の浄水設備がついてるので水は困りません。
IMG_2460

日曜日は隣のロシア人とインド人が夜遅くまで話していてうるさい。でも寝室側は静かです。

日曜日はスーパーやデパートは休みと言われていたのですが、レストランは開いてますし、海沿いの店はほとんど営業しているので、水の購入などは困りません。
IMG_2442

まさにリゾート地!日本人マルだけwww
あと猫が多い。
IMG_2434

マルタはガキが多かったんですが、こっちはどちらかというと年齢層高め。
気候がいいのでリタイヤ組が多いようです。

やたら中国語の不動産屋がたくさんあります。
IMG_2459

さすがに一戸建ては1億円以上しますが、東京のウサギ小屋で1億円とは大違い。
プール付きで5ベッドルーム。
ここらの地区のプール付きアパートで2ベッドルームなら、たった1千万円くらです。
サイプロスって隣があの内戦中のシリアなんですが、平和すぎて想像できません…

買い物の予定はなく、遺跡に向かっていたのですが、海沿い歩いていたらペリカン見つけてしまって、シーフードレストランに入っちゃいました。
PELICAN
At the Harbour
102, Aposto. Pavlou Ave.
IMG_2446

餌付けしてるんですよ〜。
雰囲気バッチリですわ。
IMG_2450

タコがある!TUNA TATAKIってのも見つけました。
オリーブオイルとガーリックのドレッシングで食べるそうです。 
白ワインとともに。
IMG_2449

硬すぎる…ムール貝ガーリック蒸しは美味しかったけれど、こっちは見栄えの割には微妙でした。
全部で28.5ユーロでした。パンとバターはサービスで付いてきます。
地球の歩き方によると、チップは10%とのことだったので、きちんと置いてきました。

海沿いに美味しそうなレストランとジェラート屋、お土産屋が続きます。
イタリアンジェラートで、量り売りの店あります。
IMG_2457

もちろんピスタチオと珍しいローズ。ローズはやっぱり芳香剤の味でしたw
IMG_2456

先端にあるパフォス城です。
IMG_2451

入場料は2.5ユーロ。城の上から眺め以外とくになにもありません。
IMG_2454

オリーブが有名だそうで、オリーブオイル大好きなので買い込みましたw 
IMG_2461

 せっかくマルタで痩せたのに、サイプロスで元どおりになりそうです…

2018年春 旅行する前に要チェック!マルタ情報②

マルタはひとり旅には向いていません。
IMG_2393

実際にひとり旅の人見たことありません。
カメラマン以外でw
どう見回してもカップルか家族旅行だけです。

レストランが異常に高いので、メニューは見るだけで、一回もレストランに入りませんでした。二人用なんだと思います。海産物の他に、うさぎを食べるようです…ウシジマ君だったらキレまくるな。

それから銀細工の店が多いです。
ブランド品は三流メーカーしかありませんので、ある程度のブランドが買いたい人はマルタでの買い物は楽しめないかも。 ZARAさえ無くて、1ランク下のBershkaはありました。
デパートないしつまんないです… (´・ω・`)

人が保守的すぎて良くないし、街は全部見終わっちゃったし、どこも似たような街だし飽きました。人によってはロマンチックに見えるかもしれません。
以前、オランダ人に、京都は綺麗だけどみんな同じに見えてつまんないと言われました。
同じ思いを感じています。
ヴァレッタのメイン通りはこれ一本ですが、横の道のレストランやお土産屋のほうが安いので要注意。
IMG_2391

リパブリック通りに、いつも人が並んでいる人気のジェラート屋Amorinoは行ってみました。
ハーゲンダッツの目の前にあります。
IMG_2404

イタリアンジェラートで、花びら作ってくれます。
マカロン乗せて3種類選んで6.5ユーロでした。 
IMG_2403
 マルが頼んだのは、ピスタチオ、カフェ、パッションフルーツとフランボワーズのマカロン。
まあ普通に美味しかったです。それこそインスタ映えするのでは?

んなわけで、今日は一日中バレッタ散策でしたー。 

ヴァレッタからバスでマルタのコミノ島へ個人で行く方法!

実はすでにキプロス入りしているため、ブログが前後しています。
コミノ島のといえば、水が透明だから船が浮いている写真で有名ですね!
IMG_2417

これはマルが撮った写真。
確かに浮いて見えますが、実はこれ遠くから望遠で撮らないと浮いて見えません。
影って近くだとくっついちゃってわかりづらいんですよ。
遠くから撮影に臨みましょう。

コミノ島への行き方です。
1. トリトン・ファウンテンの周りはバス停になっています。
IMG_2405

B6のバス停目指しましょう。
ぐるっとファウンテン回って左側に曲がったところにあります。
IMG_2406

バスナンバーは41,42
どちらも終点CIRKEWWA行きです。
遅れて来ますが、10-15分おきにくるので座ったほうがいいですよ。
なんせここから1時間以上かかりますので…💦
マルは10分遅れて来た激混みだった1本目は乗らず、3分後に来た次のバスに乗って大正解でしたー

2.海が見えてきたら前方にこの看板が見えてきます。
賢い皆様はここで降りましょう。
IMG_2423

なぜならこのコミノ行きのフェリーは、チケット売り場の周辺にあるホテル群からコミノ島を目差すゲストのためのフェリー乗り場なのです。ここが出発で、次に終点のバス停のあるフェリー乗り場で客を拾います。これがホテル前のチケット売り場です。
注意!支払いは現金のみです。
IMG_2422

終点のバス停からフェリーに乗ろうとすると、あまりにも人数が多すぎて船に乗り切れず、次の便30分待ちになる可能性があります!
シーズンオンの炎天下、ここで30分待ちは厳しいですよ〜

フェリーの時刻表載せます!
読んでくれた人だけしかわからない情報でーす
往復でも片道でも一人10ユーロ。
IMG_2424

コミノからゴゾに行けます。
IMG_2425

3.コミノ島に行く前に、洞窟群を廻ってくれます。
IMG_2413

金持ちアラブ人のヨットや、アメリカ人のアホガキどもの借り切っているクルーザーで賑わっています。アメリカのゆとり本当バカでうるさい。
アパートで毎日こいつらに怒鳴っていたので疲れた…

コミノ島に到着は30分後。
IMG_2414

フェリーは種類が多く出ているので、わからなくなるから撮影しておきました。
写真わかりづらいですが、浮いてるようみ見えますかね。

上陸したら周りは屋台だらけです。
IMG_2419

19度で風が強いのでトレンチコート着てちょうどいいくらいなのに、欧米人水着着て泳いでます…寒い…

トイレは崖の上にあります。
IMG_2420

上から写真撮影してやっと、船が浮いてるように見えましたねー
IMG_2421

上陸1時間で帰りました。
ゴゾ島へ行く気力無くて行きませんでした。

帰りのバス停は、終点からの方が座れるかもと思いましたが、ホテルでご飯食べてから帰ろうと思い立ったので、ホテル前のフェリー乗り場で降りました。
結局、バッフェしか無くてランチは食べずに帰りましたが。

帰りも早かったので充分座れましたが、最終便だと座れないかも💦
プロフィール

マルジャーリ

記事検索
楽天市場
お問い合わせ
お問い合わせはこちらまで
トップに戻る